雑記

バドミントン公認審判員資格を取得するには?

どうも、さじです。

今現在私は日本バドミントン協会公認審判員として地方の大会で審判員をしています。

今回は私が持っている『日本バドミントン協会公認審判員資格』の取得方法についてまとめました。

こんな人に読んで欲しい
  • 審判員資格の取得に興味がある
  • 審判員資格の取得を考えている

公認審判員資格とは?

『公益財団法人 日本バドミントン協会』が定めた審判員資格です。

資格の種類は以下のようになっています。

資格名資格情報と必要基準
競技役委員長(レフェリー)大会運営の全てを任された役職になり、大会内で最高権限を持つ人になります。
競技審判部長規約内において競技役員長の補佐を務める役職になり、大会運営時の中心人物になります。
競技審判副部長規約内において競技審判部長の補佐役の職になります。
主審主審の種類は準3級、3級、2級、1級の4種類になります。※
線審主審が判断できないコート端の『イン』か『アウト』を判断します。

※準3級は中学生・高校生などの18歳未満の学生を対象とした資格になるので、社会人が審判員資格取得を考える際には3級審判員の資格取得になります。

 

1級・2級などの資格は3級審判員の取得後、大会での審判員の経験実績を踏まえて受験資格を取得することができます。

どこで案内しているの?受講時間は?費用は?

時間とお金

各都道府県のバドミントン協会地域のバドミントン協会で募集しています。

事前に地域のバドミントン協会に日程を確認してからの受講になります。

試験も講習会の時に一緒に行いますので1日で全て終わります。

費用に関しては講習会案内に記載されていますが、私が3級を受験した時は1万円ほどかりました。

費用の内訳は以下のようになっています。

※私が知る限りの料金なので、あくまで参考までに留めてください。正確な費用は地域のバドミントン協会にお問合せくさい。

審判員階級申請料登録料更新登録料
1級4,400円16,500円

(有効期間:5年)

16,500円
2級3,300円8,250円

(有効期間:3年)

8,250円
3級2,200円5,500円

(有効期間:3年)

5,500円
準3級1,100円不要※高校卒業時までに手続きが必要

受験為の条件とは?

条件はシンプルです。

日本バドミントン協会の登録会員

であることだけです。

バドミントン協会登録費用の例として私の地域の費用を書いておきます。

・日本バンドミントン協会 1000円

・北海道バドミントン協会 500円

・地域バドミントン協会  500円

合計2000円

その為、登録していない方は日本バドミントン協会への登録が必要となります。

登録をしたかはた日本バドミトン協会からの登録カードが交付されます。

登録は各都道府県や地域のバドミントン協会に問い合わせいただければ登録可能です。

地域・都道府県のバドミントン協会への登録が必要になりますので、ご自身の地域のバドミントン協会に確認をお願いします。

受験資格年齢は何歳から?

3級は18歳以上であれば受験可能です。

公認審判員の階級は1級、2級、3級、準3級と4つあります。

準3級に関しては18歳未満が対象となりますので、中学・高校生から受験可能です

準3級に関しては満18歳になった時に手続きを行えば、更新費用を支払うだけで3級に昇級する事も可能です。

試験内容は筆記試験と実技試験の2つ

審判員資格の試験は筆記試験実技試験に分けられます。

試験は講習も試験も含めて1日で終わることが多いです。

通常は前半に筆記試験を行い、後半で実技試験が行われ、後日合否の結果が本人に郵送されます。

合格すると審判手帳とコイントス用コイン、バッジが送られてきます。

筆記試験はルールブックに則った内容

筆記試験はマークシート形式で行われます。

合格点は50点満点中40点が合格ラインです。

試験内容は細かく言えません基本的にはルールブックに則った内容になっています。

  • サービスジャッジの正しいやり方
  • フォルトの種類や判断など

講習会の時にしっかりと説明がありますので、その時に覚えれば大丈夫です。

実技試験は模擬試合で実際にジャッジ

実技試験は実際に高校生や社会人に模擬試合をしてもらい、受験者に主審・線審・サービスジャッジを行ってもらいます。

状況に合わせた正しい判断と助言ができているか、滞りなく試合進行をできているかなどを見られます。

まとめ

審判員資格取得方法
  • 審判員資格を取得するなら3級審判員資格から
  • 取得する時にかかる費用は1万円前後※地域による
  • 試験内容は筆記試験と実技試験

試験自体はそこまで難しくないので、講習会で説明されることをしっかりと覚えれば問題なく受かります。

資格取得を考えている人は是非取得することをオススメします!

今回も読んでいただきありがとうございました。