英語

社会人からの留学は無理?無謀?考えるべきはその先の目標が一番大事!!

どうも、アラサーからの留学生さじです。

社会人からの留学って無理だと思いますか?無謀だと思いますか?って話よく聞くけど、そもそも留学してなにがしたいって明確にありますか?

単純な海外経験だけだったら海外支局がある仕事に就けばいいし、いろんな仕事で海外研修に行ける事だって多い。それだけでもう立派な海外経験ですよ。

留学を目指すなら、まず考えるべきは

・留学して自分がなにを得たいのか、その先になにを成し遂げたいのか

が一番重要だと思います。それがなきゃなにも始まらないし、すぐに失敗して終わると思う。

留学の本当の目的を考える

外資系の仕事に就きたいとか、海外経験を生かした仕事をしたいとか考えて海外留学をする人は多いです。

でもそれって、本当に自分のやりたい事ですか?

海外経験だけだった留学じゃなくてもいい

外資の仕事に就くために英語を勉強するなら別に日本でも学べるし、海外経験ってどこまでを海外経験と考えるかです。数ヶ月の海外経験と数年の海外経験だと経験値の差が違いすぎます。

もちろん日本以外の国で大学に行ったとか、インターンシップを経験したとかはまた別です。

海外の大学は日本のカリキュラムと全く違うし、大学での学びから得るものも大きいでしょう。インターンシップならプロジェクトに関わった事からなにを得たか、自分なりの取り組んだ事とかを就職活動で表現することができますね。

海外に行って一番ダメなのは行って終わり

一番良くないのは単純に海外に行ってきた!すごいでしょ!ってなるのが問題です。

特に学生の時は海外の友達が欲しい!英語を話せるようになりたい!って思って行く人もいます。それは非常にいい心がけです。

でも社会人になってからの留学は訳が違います。仕事を失くす可能性もあるし、実際に留学自体が失敗に終わる可能性だってあるんですから。最悪のリスクを取ってまで行く必要があるかを本当に考えるべきです。

海外留学を終えた先になにを求めるかが重要

海外に行ったからと言って期間によっては英語が話せるようになるわけじゃないし、むしろ話せないで終わる可能性だってある。

ならその海外留学からなにを得たいのか、その海外留学を通して自分はこうなりたいという明確な姿を持つことが一番大事だと思っています。

海外就職するキッカケが欲しい

海外で就職するとなれば、基本的に日常に問題ないくらいコミュニケーション力が必要です。またそれ以上にビジネス英語も覚えないといけないし、会社の人とディスカッションをしなくてはなりません。

そういう環境に立ち向かう為に自分自身に英語を身につけたいと思うんであれば、非常にいい経験になりますね。むしろそれくらいの気持ちで行かないといけないかもしれません。

海外の専門資格を取得したい

海外就職する際にの専門資格を目標にするのもいいですね。日本以外で働いてみたい!とか日本以外の医療資格を取得して海外経験を積みたい!っていう人も多いです。

特に看護師さんなどは日本の看護師資格以外にもアメリカの専門看護師資格を取得して実際にアメリカで就職するなども多いです。また看護師ではなく呼吸療法士などまた違った分野の資格を取得し、キャリア形成を行う人もいます。

一番大事なのは海外留学後の目標

もしも留学に迷っているなら、その先に自分のどうなりたいかをしっかり考えてから留学をするようにしましょう。それが一番留学を失敗しない方法だと思います。

私も本当は最初からアメリカに行きたかったですが、費用の関係から胃k樹事を断念しました。でも、今できる事を最大限やりたいと考えれば、まずは海外経験を得たい!そう思って短期ですが海外留学をする決意をしました。

仕事を失ったし、実際に不安しかありません。でもそれでもやる価値がある、夢の為には必要だと確信しから今回留学を選びました。

もしもこれから海外留学を目指すのであれば、明確な目標を持って取り組まれる事をお勧めします。たった一度の人生の中で、したい事しないのは本当にもったいないです。

明確な目標を決めて、本当にこれがしたいから留学をするって事を決めて海外経験を積みましょう!

ABOUT ME
さじ
さじ
田舎暮らしを愛して、生活を最小限にしたいミニマリスト。自分らしく生きていたい。趣味は自転車と羽球。今の目標はバイリンガル。『日本語×英語』