雑記

部屋の片付かない人はトリアージをしよう!

部屋がいつも綺麗な人はこのままこの記事を見ないでブラウザバックしてください。

そうじゃなくて部屋が汚くて、片付けようと思っていてもなかなか片付けられない。

片付けたらすぐに綺麗になるのに、またいつの間にか散らばってしまう。

そんな思いをしてどうしたらいいか悩んでいるあなた。

今すぐ全ての物をトリアージで色分けしてください。

トリアージって知っていますか?

トリアージはドラマとかで見たことがあるかもしれませんが、色によって緊急なのかそうじゃないのかを分ける方法です。病院の職員さんだと結構知ってる人も多いと思います。

トリアージは実は4色あるんです。

・赤色 : 緊急分類 優先順位 最優先

・黄色 : 緊急分類 優先順位 優先2

・緑色 : 緊急分類 優先順位 軽傷

・黒色 : 緊急分類 優先順位 不搬送

日常生活に黒なんてあり得ませんけど、赤と黄と青は絶対に存在するはず。

その色分けをして物事の優先順位じゃなくするしないを決めましょう。

トリアージを日常生活へ

この4色を私は実生活の中に盛り込んでいます。

黒と分類するのは半年以上使っていないものや、自分の今の生活上何も支障がないものをいいます。

これに関しては実生活で使う基準が曖昧であり、その実生活でのしようがないのであれば捨てても構わなものと判断しています。

なので捨てます。またはお金になるのであればそのままリサイクルや欲しい人にあげています。

なぜトリアージを使うか

それは色で判断することが基本になっているので、あれはやらなきゃなとかこれは後でやるからとか曖昧な感情に流されないためです。

赤はやらないと死ぬくらいに優先順位を高く設定しておけば、それだけやらないと思って片付けます。

だって死ぬんですから。それは嫌でもやると思います。

黄色に関してはその日に終わらすかその次の日までには絶対に終わらせるものにしてます。

これは洗濯や食器洗いが直結します。それぞれは1日2日遅れたからといって死ぬわけじゃないし、そこに緊急性を持ってきてもぢあ上部と思っているから。

なら青は何?と言われますが、これはものを畳んだり書類を整理したりです。

洗濯物を必ずしも畳まなくてはならないとかそういったことに緊急性は本当にない。

むしろしなくてもいいようにしておけば、それすらも無くなります。

例えば「シャツはハンガーにかけたまま収納する。」

下着類も自分の専用ボックスを使って細かく分けてそこに入れるだけにしておく。そして必要時にはそこから取り出すだけにする。

それだけで時間も短縮しますし、何より畳むという作業がなくて自分の選択肢の時間が減ることもない。無駄な力を使わなくて済むのです。

トリアージを使うことでの利点と応用方法

もともと医療現場で使われているトリアージ。これは仕事にも応用できます。

よく資料を優先順位で並べて

・緊急を要するし重要

・緊急を要しないけど重要

・緊急を要するけど重要じゃない

・緊急でも重要でもない

4つに分けることができます。

これをトリアージのいろに分けるんです。

緊急を要して重要を赤色

緊急を要しないけど重要を黄色

緊急を要するけど重要じゃない

緊急でも重要でもないを黒色

物事の言葉で考えると大変だけど、色と組み合わせるとよりわかりやすくなります。

私なりのそれぞれの割は、赤が2、黄色か5、青が2、黒が1くらいが理想だと思います。

なにせ黒はやる意味のないこと。むしろ必要じゃない事ということですから、本当に優先順位は低くなります。むしろボツ企画ぐらいいらないかもしれません。

これによって仕事の重要度がわかってきます。一番片付けないといけない仕事とは黄色信号だということがよく言われています。これに重点を置くのです。

そうすれば自ずと仕事が早く終えることができたり、自分の時間の確保もできるようになります。

色と重要度を組み合わせて効率化

家の中で片付けないといけないことなども多い中、いろんなことにどう優先順位をつけるか。

もしも自分なりの優先順位をつけれれば、自然と片付けられるようになります。

最終的には本当に必要であれば、散らかす前に全て片付けておくのも一つの手です

片付ける手間がかかるなら、最初から散らかさないように片付けてしまうんです。

そうすれば後から片付けるという無駄な動作が必要なくなり、自然と物事がかた付きます。

頑張ってお片づけしましょ!ぜひトリアージ!

ABOUT ME
さじ
さじ
大学卒後、病院で8年間勤務。日本だけじゃなく世界の医療を経験するのが夢。。最終目標『米国呼吸療法士』#CE #呼吸療法認定士