雑記

仕事を辞める時は円満退社を目指さなくていい。考えるのはその先のこと。

私もこれまで2病院の退職を経験してきました。

円満退社だったかと言われたら怪しいかもしれないですが、自分としては2病院とも揉める事なく辞めることができました。しっかりとボーナスと退職金もいただいてます。

もしも仕事に辛くなって退職を考えた時に、どのように職場を辞めたら良いかについて説明したいと思います。

一番大事なのは退職してから自分がどうしたいか、次に進むにはどうしたらいいかです。

できれば円満退社が良いけれども、まずは自分のことを優先的に考えてあげましょう。

どうして辞めたいか考える

今の仕事に対して悩んでき始めたら、どうして自分が今の病院を辞めたいかを深掘りしていきましょう。

・ここにいたら自分のスキルが上がらない

・やりたい仕事じゃない。やりたい業務ができない。

・人間関係が最悪すぎて誰にも相談できない

・業務内容が過酷すぎて体がついていかない

・命の重さが怖くなった。他の仕事をしたい。

人によって辞めたい理由はまちまちなんで、それが必ずしも自分に当てはまるとは限りません。

でもこんなふうに考えたことはないですか?特に一年目の時とか仕事覚えるのに必死で、色々余裕がないから結構焦ると思います。

本当は自分はまだできるんじゃないか?まだまだ甘えているだけなんじゃないか?

先輩からも3年は頑張ったら変わるよとか言われたし、もう少しだけ頑張ってみようかな。でも今の仕事で自分はうまくできていないし、周りにも迷惑ばかりかけて本当に辛い。

この仕事に適性ないんじゃないかな?どうしてこの仕事選んじゃったんだろう。


でもそれは誰でも一度は経験したことがある思いですよ。決してあなただけではないので安心してください。

ここで悩み始めたら、負の連鎖に入ってしまうので、その前にやるべき事があります。

まず自分がどうしたら変われるかについて考えていきましょう。

自分が変わる努力をする

周りから変われよと言われてそう簡単に変われないですよね?それこそ簡単に変わったらその人自身のアイデンティティを疑います。

いくら周りが言おうとも、自分自身が気づかないと人は変われないものです。私も色々変われなくて苦労しました。

でもそう言った事を自分で考えて変われた人は、その後周りからもよくみられるし、よかったねと言われます。

まず変わるための努力をしてみましょう。なんでもいいんです。一つ一つ変われば、塵も積もれば山となるで大きな変化につながります。

・毎朝出勤時間を早くして、職場で朝勉強する。

・退社前にその日の業務振り返りをして翌日先輩に質問する。

ほんの少しの行動で大きく変われるのであれば、ちょっとずつでもいいのでやってみましょう。

でも自分が変わっても周りを変えることは難しい。どうしても辛くてもうこれ以上は無理だと思ったら、その時は退職を決意しましょう。

辞めると決めたら、辞めた後の事を考える

仕事辞めるのって簡単です。職場に辞表だして2週間経過すれば辞めれるんですから。

民法 第627条

1、当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

引用 wiki 民法627条

難しく感じないでくださいね。

通常会社に勤めたら、雇用期間って決まっていないんですよね。

何もなければ定年退職まで勤めれますけど、もしも途中で業績不振や職務態度に問題があればクビにもなりますけど。そうじゃなければ基本は終身雇用です。

普通は辞めたい日の2週間前に退職の意向を伝えると、2週間経過した時点で退職が認められるんです。

ここで注意したいのが就業規則民法上は2週間と決まっているので、これ過ぎればいつでもいいでしょ?と思うかもしれませんが、会社も会社で決まりを持っています。

就業規則の中に『何ヶ月前までに退職の意向を伝えてください』と記載があった場合にはそれを守らないといけません。守らなかった場合には服務規程違反になってしまい罰則の対象になってしまいます。

次の職場を決めてから退職する

できれば次の職場を決めてから退職の意向を伝えましょう。

自己都合退社といっても職場としては欠員を作るのは苦しいもの。大抵の場合には引き止めがあります。

『あっ!辞める?あ、そう。ならいいよ。お疲れさま!』

こんな会社ないとは思います、あれば会社か本人になんらかの問題ありです…。

私も引き止めはありましたが、次の職場を決めてから退職の意向を伝え他ので引き止めも少なく済みました。

あとは手続きに沿って書類を整理して退職日を迎えるまできっちり仕事を行えばOKです。

出来るだけ職場を荒らさないで退職するようにしましょう。どこで繋がっているかわかりません。

大事なのは退職後に自分がどうするか

なんども言いますが退職は簡単です。

退職する理由がどうあれ、その後に自分が本当にしたいことを目指すのか、それとも適当に過ごすのかでは人生本当に変わります。

退職してからどうするか、自分がどういう方向性に進むか

しっかりと決めてから価値のある退職をしましょう。

ABOUT ME
さじ
さじ
田舎暮らしを愛して、生活を最小限にしたいミニマリスト。自分らしく生きていたい。趣味は自転車と羽球。今の目標はバイリンガル。『日本語×英語』