ガジェット

Mac Book/ProのJISキーボードカバーは使ったほうがいい!オススメはテープ無し!

どうも、さじです。

Mac Bool Proを使い始めて半年が経ちました。

私はMacBook Proを使用する時はキーボードカバーを使用しています。

キーボードが汚れることはないし、掃除も頻繁にしなくていいので非常に楽です。

もしもこれからMacBook/Proを買う予定がある人はキーボードカバーをオススメします。

今回はそのキーボードについてまとめました。

キーボードカバーってどんなのがあるの?

種類はそれなりにありますが、基本的にはTouch BarなしとTouch Barありの2種類ようです。

マックブック自体はTouch Barがないので、Touch Barなし専用のカバーになります。

ただ旧型のマックブックエアーとはキーの大きさが違うので、もしも店頭で購入する時には注意してください。

私もキーボードカバーを店頭で購入した時に、旧型のMacBook Airのカバーを買ってしまい後悔した経験があります。

それからはネットでしか買わないようにしています。

ネットの方が種類が豊富だったり、ハードケースと一緒に売っていたりして安いものがあるので、それがオススメですね。

キーボードカバー moshi

かなり有名なキーボードカバーですね。

タッチバー無しモデル

タッチバー有りモデル

私もキーボードカバーを購入する時に、どんなものがあるんだろうと検索した時に1番に出てきたやつです

購入を考えましたが、結局買わないことにしました。

理由は値段です。

確かにいろんな人がレビューをしているので、これの信頼は大きかったのですがカバーの値段が3000円はちょっと考えました。

テープ無しキーボードカバー

これは純粋にキーボードに被せているだけです。

テープの固定もなければ、置いているだけなので簡単に取り外せます。

 

私がこれに決めた理由は値段とカラーバリエーションが多い事です。

デメリットとして簡単に取れてしまうので、長く使っているときにカバー自体が変形して剥がれやすいというのがあります。

一回ためしで両面テープを角四箇所にくっつけて貼ってみたんですが、貼っている時はいいんですけど、カバーを洗いたいときに剥がせないのでやめました。

キーボードカバーをつけるメリット・デメリットは?

キーボードカバーのメリットデメリットに関してですが、デメリットに関してはそんなにないと思います。

キーボードカバーのメリット

メリットとしては埃がたまらない。飲み物をこぼしても問題ない。

この二点かなと思います。

なぜならデスクトップを使っていた人ならわかると思うんですが、キーボードのキーの隙間に埃が入ったら掃除が結構めんどくさくないですか?

私もデスクトップを使用していた時には、キーボードのキーの隙間に埃がたまって壊れたことを何度か経験したことがあります。

掃除する時にもデスクトップ本体の掃除に使用していたエアーダスターなどを使っていたんですが、それでもゴミが全部取れないし。

またジュースや飲み物系も垂らした時に、内部の掃除って結構大変なんですよね。

なのでキーボードカバーって埃や液体からキーを守ってくれるだけでなく、掃除もしなくて済むようになるんです。

キーボードカバーのデメリット

キーボードカバーのデメリットはつけたまま画面を閉じるとカバーのあと画面についてしまったり、使い続ける事で変形してしまい買い直しが必要になる事です。

キーボードカバーは上で見てもらった通り、そこまで高いものじゃありません。

もちろん長く使っていたらどんどん劣化して形も変わってきます。

グニャグニャになって、すぐにでも浮くくらいになったら変えごろでしょう。

それでも私も今回半年目で交換したので、結構長く使えると思います。

半年に1回交換したとしても、費用は700円×2ですから1400円です。

キーボードがもしも壊れてしまったら

一回マックのキーボードの交換となるとアップルケアに入っていた場合でも30000円くらいします。

入っていなかった場合には60000円もかかってしまうんです。

そう考えたらキーボードカバーをつけて使用した方が問題も起きないし、トラブルから守ってくれるのでその方がいいと思います。

大事なMacBook/Proをしっかり守って長く使いましょう。

ABOUT ME
さじ
さじ
田舎暮らしを愛して、生活を最小限にしたいミニマリスト。自分らしく生きていたい。趣味は自転車と羽球。今の目標はバイリンガル。『日本語×英語』