仕事

職場で仕事に悩んだら、自分の働き方を見つけた方がいい理由。

どうも、さじです。

4月から仕事しはじめた人は1ヶ月が経過した頃なので、少しだけ職場にも慣れて上下関係に悩み始める頃だと思います。

でも、新しい職場に入ったからこそ、本当は上の人といっぱい話した方がいいです。

自分たちより先に職場に入っているんですから、自分と同じように悩んでいたかもしれません。

まずはわからない事は思い切って『わかりません!』って言ってくれた方が上も楽です。

私も後輩を持った時に上の立場から考えたら、言ってくれた方が楽でした。

そしてその上司と話をして得れるところは全て吸収して、自分の働き方を見つけましょう。

あとはその働き方を貫いた方が断然楽です!

私も以前の職場では定時に終わるのなら定時に帰宅していました。

仕事で残ることは基本的に自分の担当している業務が終わるまでは残っていた感じです。

仕事をする中で自分のやり方を見つけるのが仕事をしやすくする最も良い方法だと考えます。

私も仕事で悩んだ時期があるので、その対策方法についてまとめました。

少しでも参考になれば幸いです。

上司と話す時に何を話していいかわからない

それは普通です。

いきなりこれ?と思うかもしれませんが、話せないのは普通です。

私も話せませんでした。

いきなり初対面の人とレッツトークなんて言われても、コミュニケーション能力の高い人じゃないと難しいと思います。

そんなときは冗談交じりの話の前に、仕事回りのことから話し始めましょう。

もちろん話すタイミングや話しかけ方などのテクニックは必要です。

まずは自分の仕事について話してみましょう。

上司はずっとあなたを見ていない

仕事をし始めて一番にコミュニケーションが取れない理由として、上司は自分の仕事をしています。

そこにあなたに話す余裕があればいいんですが、基本ない人が多いです。

仕事をしながらあなたの指導をしているんですから、あなたの事をずっと見ているわけじゃありません。

それでも自分の行動が監視されていると感じるのであれば、それはあなたの行動が周りから見て変だからです。

それを無くすためにには自分の今の仕事をしっかりこなすことが大事です。

もしもわからなくなれば、仕事の途中でも

『ここまでやってみんたんですが、こういうやり方でよろしいでしょうか?』

と聞けば上司は教えてくれるはずです。

最初から仕事のゴールがわかっているならいいんですが、そうじゃないなら最初は確認を多くした方がいいです。

そして仕事に慣れて次の仕事をこなして、質問する回数を減らしていけばいいんです。

それがあなたの自信にもつながり、上司の評価にも繋がるんですから。

仕事は自分から見つけるか取りに行く

上司は自分の求めている仕事をしてくれたらまずはいいんです

ならそれはどうしたらいいか?

聞けばいいんです。

例えば今やっているタスクがあったら、そのタスクを終えたらすぐに

『この仕事終えましたので、確認をお願いします。』

といえば嫌な顔をしないと思います。

上司はあなたの仕事の進捗状況を自分から確認したりはしません。

なら自分から確認するようにすればいいんです。

『わかった。あとで見ておくから。』

と言われたら

『今自分にできる他のことはありますか?』

とすかさず返事すれば御の字です。

『したらマニュアルに目を通しておいて。』

など返事が来るはずです。

この一言でやる気があると思われるのですから聞かないのは損です。

本当は自分で仕事を探さないけないですが、それがまだ難しいのであれば自分からもらいにいけばいいんです。

もしも理不尽な上司に当たったら

上司が全員いい人とは限りません。

私も職場ごとにひどい上司に巡り会うことが多かったです。

・自分勝手に仕事する人

・勝手にやっといてという人

・お願いしても教えてもらえず間違えたらめちゃくちゃ怒る人

・何もわからない人

いろんな人がいます。

もしもそんな人に当たったら臨機応変にすればいいんだよと言われますが、それができたら苦労しないよ!と心が言っていますよね。

そんな時に私がとった対応策は以下の通りです。

この方法を実行して自分が過ごしやすい環境を作るように努力しました。

上司のルーチーンを把握する

どんな人も必ず毎日やるルーチーンがあると思いますのでそれを見つけましょう。

・ある時間には決まって喫煙に行く

・書類関係は後回しで、人と話すことが好き

・自分の仕事をしているときに話しかけられると絶対に怒る

どういう風に動く人なのかをわかれば、あとはその人を利用してあげればいいんですから。

自分が合わせることで、無駄な衝突も生まれなくなって仕事もスムーズに行きます。

上司の理不尽な命令は断る

数年前までだと上司からの司令は絶対だと言われていました。

仕事の関係上、書類整理や資料作成などは必要ならやらないといけません。

でも、それ以外の命令に関しては断るんです。

私も何度か理不尽な理由で仕事をさせられたことがあります。

・土日に俺も出ているからお前も出て仕事しろ。

・俺が残ってるんだからお前も残るよな?な?

・お前は仕事しろ。俺はちょっと用がある。(サボり)

この他にもいろいろありますが、今はもう思い出したくもないです。

今考えれば完全なパワハラです。

でもこれを断るにはしっかりと自分の仕事をこなすことが優先です。

私も年数が経った時には帰り際に上司から仕事振られても

『今すぐ必要じゃないですよね?今日の仕事は済ませたので帰ります。』

など言って帰っていました。

仕事は取ってきて、さらに見つけて生み出すもの

仕事は自分で取ってくる。もしくは捕まえてくる。

あなたは上司に貢献するのではなく会社に貢献して、さらに社会に貢献するために我々は仕事をしています。

そのためには自分で仕事を取ってきながら、自分で新しい仕事を見つけて生み出すことが重要です。

正直そんなことできませんと言われるのは覚悟しています

でも、成長スピードを考えたらそうしていった方が自分が早く成長できます。

そのために考える方法をいくつかあげますね。

これ以外にもどんどん気づいてやっていくと仕事が楽しくなります。

誰も見ていないところにこそ仕事はある

仕事をしている中で、ふとした時にここ誰もやっていないよな?

っていう場所を見つけることがあります。

・社内のマニュアルはあるけど、この事柄に関してはない

・新規開拓する時にこの分野はみんな手をつけてない

など、普段の仕事をしながら落とし穴を見つける感じです。

この時の落とし穴を自分のものにしたら、もうこっちのものです。

上司に

『こういうことが必要だと思うので、私が担当してもよろしいでしょうか?』

といって提案して許可されたらやりきりましょう。

それがあなたの評価につながります。

定期的に誰も見ていない書類を整理し更新する

資料整理や更新作業も誰もやりたがらない仕事です。

周りのみんなも仕事に忙しいい時に、ちょっとの時間でできる作業をしておくだけで誰かが資料を探す時に簡単に探せたら感謝されます。

自分の仕事も大切ですが、周りの人が仕事をしていてスムーズに作業できる環境を作ることも結構大事です。

そうすることで自分自身の仕事がスムーズに行くことも多いですし、無駄がなくなればそれだけ時間が増えます。

自分の仕事の最新情報を共有する

今はネット社会です。

テレビや新聞だけじゃなくインターネットからの情報の方が有益です。

それはなぜか。

自分の仕事に関する情報を選択して取れるからです。

同じ会社にいるのであれば、同じ分野の情報は欲しいはずです。

その最新情報に目を通して、相手に勝手に送るんです。

メールでも良いし、紙にプリントアウトして共有スペースに置いておくだけでも良い。

この一つをすることで、みんなのための情報共有になるんです。

自分の仕事の仕方を見つけて自分らしく仕事する

もしも上司に悩んでいろんなストレスを溜めてしまったなら、その上司と違う仕事の仕方をしましょう。

自分の仕事の方法を見つけて自分の過ごしやすいように仕事した方が断然楽です。

自分のルーチンと相手のルーチンを尊重し合いながら仕事ができる事がベストです。

もしも今自分にこれはできないと悩む前に、自分のやり方を変えてできるようになりましょう。

その為には上司をうまく使う事ができれば、成長スピードはものすごいことになります。

ぜひ仕事の分析をして自分の働き方を見つけて欲しいと思います。

ABOUT ME
さじ
さじ
田舎暮らしを愛して、生活を最小限にしたいミニマリスト。自分らしく生きていたい。趣味は自転車と羽球。今の目標はバイリンガル。『日本語×英語』