英語

英語のリスニング力を鍛える為のオススメの練習方法!

さじ
さじ
どうもさじです。

今回はリスニング力をどう鍛えるかについて書きたいと思います。

自分なりにいろんな方法を取り組んだので『これ良かった!』っていうオススメの方法について書いています。

最後には『これはダメだった!』っていう方法についても書いていますので、良かったらみてみてください。

リスニング力を鍛えるにはどうすればいいか

まず自分の耳が英語に慣れる必要があります

海外に行けば嫌でも周りから聞こえてくる話し声は日本語以外です。

でも、必ず英語かと言われたらそれは違います。

特にカナダは多民族国家だったので、いろんな国の人が入り混じっていました。

実際に話を聞いてても、英語・中国語・スペイン語・フランス語・ポルトガル語などなどいろんな国の言葉を聞きました。

どうやったら聞き分けられるの?と思いますよね。

これは語学学校の友人と一緒に行動した時に、各国を母国とする友人から教えてもらいました。

なら英語だけを聞く場合にはどうしたらいいか

方法はいくつかあります。

・ラジオを聴く

・映画を見る

・カフェに行く

・現地の友人と話す

・洋楽を聴く

これ以外にもありますが、すぐにできることといったらこんな感じですかね。

現地の人と話す?は日本にたら無理でしょ!って思うかもしれませんが、無理ではありません。

今はネットの時代です。ほとんどがネットを介してできますから見てみてください。

ラジオを聴く

これは本当にオススメです。

実際に日本にいる時から、スマホアプリで海外のラジオを聴いていました。

これについてはやらないほうがいいという意見もあります。

それには私も一部同意です。

なぜなら知らない単語ばかり話されても、その単語がわからなければそれは意味がないんです。

ならどうしたらいいか。

私なりにした行動は、単語帳を読み漁りながらラジオを聴いていました。

日常会話に使用する英単語はそこまで多くありません。

実際に日常会話をした時に思いましたが、本当に多くないんです。

確か1000から2000語以内だった気がします。

その単語だけ押さえて集中して聴くようにすると、意外と単語がわかるようになりました。

もちろんラジオなのでそれ以外の単語も出てきますが、それはそこで聴いて初めて調べればいいんです。

そうして自分のボキャブラリーを増やすようにしていきました。

海外の映画を見る

これも多くの人が言っている有効な方法の1つですね。

まず音声英語・日本語字幕で見る。

次に音声英語・英語字幕で見る

最後に字幕なしで音声英語だけで見る。

ステップを踏んでいくと、何度も見てみているので内容が頭に入ってきます。

そしてその時に使われる言葉も入っているので、言葉を覚えるのに最適な方法の1つです。

特に独学で英語を学ぶ人は、この方法を活用している事が多いです。

 

海外ドラマの方がいいという人もいますが、私は映画でもドラマでもいいと思います。

特に海外ドラマの日常系をやっているやつなら、普段の生活で出てくる単語が使われるので、早く日常会話に活用できますし優位な点が多いです。

現地の友人と話す

実際に私は現地で友人を作りました。

でもそうじゃない人も多いです。特に英語を話す事を恥ずかしがる人は。

・現地の友人なんてできるの?自分には無理だよ。

・なんて話していいかわからない。英語下手くそだし。

・いきなり初対面の人と話すなんて恥ずかしくて無理。

なんて言わないで体当たりで行けばいいんです。

実際に私も海外の友人を作れるのか不安がありましたが、ハロートークやその他のアプリを使って出会うことができました。

海外には日本語を学びたい外国人はかなり多いです。

そういう人を見つけて友人になれば、お互いに教え合うことで成長を感じることができます。

その場合にはできるだけネイティブを選ぶといいと思います。

私の友人もネイティブでしたが、本当に発音が綺麗でした。

今でも良き私の先生です。ちなみに彼の日本語の先生は私です。

好きな洋楽を聴く

まぁ基本ですよね。

わざわざ海外に行って日本語の音楽を聴くことは結構無駄に思います。

というか勿体なさすぎる。

と言いますが、私も最後の方に海外の友人から日本語のいい曲を教えて欲しいと言われていくつか紹介しました。

その時に物凄く久しぶりに日本語の音楽を聴いたからか、よくわからない感動がありました。

実際に自分としても海外にいる間はずっと洋楽を聴いて、自分耳を英語耳にしようと努力しました。

その甲斐あってか現地の友人の言っていることは、ある程度わかるようになりましたが今度は言葉が出てこないのですごく困りました。

私もカナダで生活をしていて英語の勉強の時にずっと洋楽を聴いていました。

学校に通う時、学校の休憩時間、帰りの電車の中、ずっとずっと聴いていました。

 

よくリスニング力を鍛えるのにいいと言われますけど、実は問題があります。

自分自身のリスニング力が高くないと実際にはうまく聞き取れないし、聞き取れたとしても単語の意味がわからなくて結果的に意味がありません。

リスニング力と同時にボキャブラリーを増やす

リスニング力を鍛えたら、ボキャブラリーを増やすように単語帳を覚えましょう。

単語帳に関しては簡単なものを日本から持っていくといいと思いす。

海外で単語帳を買おうとしたら日本円の2倍から3倍に値段に設定されているので、本当に高くて買えたものじゃありません。

実際に私もこの本をカナダで買いましたが、約7千円しました。

でも日本で買おうとしたらこれは3千円程度で買えてしまうんです。

できる限り本は日本で準備したほうが得です。

実際にリスニング力を鍛える時にダメだった方法

ここからはダメだった方法についてお教えします。

私が試して、声rはダメだなって思ったのは以下の2つです。

テンポが早すぎる洋楽を聴く

えっ?洋楽を聴くのは良いんじゃないの?さっき言ってたじゃん。

ってなりますよね。

確かに良いとは書いているんですが、その中でも注意して欲しいのがテンポが速い曲です。

当たり前ですよね。

いきなり速い曲なんて聴き分けれるはずないんですから。

でも自分の好きな曲がテンポの速い曲だったらどうですか?

それ聴いて練習しようとしても単語がわからないと練習になりません。

なので最初はテンポがゆっくりな曲にするようにしてください。

そこから徐々に耳を慣らして、ボキャブラリーを増やせば聞き取れるようになります。

海外ユーチューバーの動画を見る

これは人それぞれだと思いますが、私には合いませんでした。

まず基本的に日本人にも言える事だと思うんですが、日常の会話って結構省略しませんか?

何気なく話している中で、ニュアンスでわかってしまう言葉が多い気がします。

 

それがユーチューブの動画でもあると思うんです。

ただ、教材用に作ってくれている動画に関しては別ですよ?

実際にゆっくりはっきりと喋ってくれていますから、聞き取りやすい動画重多いです。

Hapa英会話は日本語での解説付きですから、活用方法は多いと思います。

でも私が最初に海外のユーチューバーの動画を見て勉強していた時は、自分には合わないなと感じてそれからは辞めました。

リスニングは慣れるしかない

これを見たら、そんなの当たり前じゃんって思われるかもしれませんが、この当たり前ができない人も多いんです。

実際に私も30歳から英語勉強を始めたので、かなり苦労しています。

でもそのおかげあって今は勉強が苦ではなく楽しく思えます。

リスニング力を鍛えて、単語もわかればあとは自分のものにするだけで喋れるようになるんです。

そのために普段から英語を常に耳にするようにして、英語耳を養っていきましょう!

ぜひ自分に合った方法を見つけて、自分のやり方にしてください。

ABOUT ME
さじ
さじ
田舎暮らしを愛して、生活を最小限にしたいミニマリスト。自分らしく生きていたい。趣味は自転車と羽球。今の目標はバイリンガル。『日本語×英語』