仕事

終身雇用が終了間近!社会で生き残る人の働き方を予想をしてみた!

どうも。一般サラリーマンのさじです。

ついに終身雇用が終了を告げようとしていますね。

 

これを聞いた瞬間には体が震えたものです。

(誰かに会いたいわけじゃありません。)

でも今後の働き方をしっかり考えるきっかけになりました。

 

今の時代は変化が早いから、どう動くかで人生が決まりそうですね。

今回は

・終身雇用が終了したらどうなるのか

・派遣の未来はどうなるか

・今後どんな働き方がいいのか

について書こうと思います。

終身雇用は終了間近!

社会人として会社に勤めたら、その会社に一生身を捧げるべき!

と昭和生まれの人には言われました。

でも、もうそんなことも言ってられません。

終身雇用の終了サインはこんな感じ

トヨタの社長の話を要約するとこんな感じ。

1、これ以上、終身雇用を守るのは厳しい局面になってきている

2、企業にとってインセンティブがあまりない(メリットよりもデメリット)

3、中途・派遣の社員に対しては、やりがいのある仕事を見つけやすくなる

実際に今日本の大きな企業では早期退職を募って、大規模なリストラがされています。

それもそうかもしれません。

流れにするなら

・今までは年功序列で上がっていた人たちが一気に崩れ落ちる。

  ↓

・スキルや能力が高い人の方が上に行きやすくなる。

・その人たちを目指して下の人たちが頑張る

・全体のスキルアップにつながる

こんなイメージでしょうか。

これも戦略として以前から取り組まれている事ですが、今後本格化してきて下克上争いになりそうですね。

1つの会社に身を置くのは危険

終身雇用が終わりかけている今、1つの会社に全てを預けているのは危険ですね。

リスクヘッジとして本業以外にも自分のスキルを伸ばしていくことが必要だと考えられます。

 

実際に今は副業解禁により、パラレルワーカーが多くなっている時代です。

サラリーマンとして働きながら会社経営している人なんてざらにいます。

(実際私の友人もそれに近い働き方をしています。)

 

これから大きな波が来るこの社会でどうやって働いていけばいいのか。

これをしっかり考えて行動していくことが重要ですね。

派遣社員の未来はどうなるのか

豊田社長が言った言葉で気になることがありました。

 

社長はインタビューの中で中途や派遣の社員が増えているとして

「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」

と言っていました。

これについて少し深く考えてみます。

企業にあった人材が選ばれやすくなる

今まで企業としては採用した人を自社に合った人に育ててきました。

でもそれには多くの時間とコストがかかり、その人がもしも辞めた場合には損になってしますます。

 

しかし今後派遣などの労働者の中で、自社に合ったスキルを持っている人を選んで採用すれば育成するコストを省けます。

さらに派遣社員として働いてもらいながら正社員登録の可能性だって出てきます。

 

そういう意味では派遣社員は自分にあった職業が選べて、企業としても自社に合った人に巡り会える可能性が高くなります。

これはお互いにWIN-WINになれる可能性があるので大いに期待ができますね。

いろんな仕事を経験しやすくなる

派遣社員は期間が決まった仕事なので、延長をしない限りはその期間の仕事が終わった場合には業務終了になります。

1つの仕事を多く経験するのも大事ですが、より多くの経験を得ようとしたら今後は派遣社員の方が仕事をしやすくなる可能性もあります。

 

覚えている人はいないかもれませんが、以前『ハケンの品格』というドラマがありました。

created by Rinker
バップ
¥14,662
(2019/08/21 13:36:19時点 Amazon調べ-詳細)

篠原涼子演じる主人公は派遣社員でありながら、様々な資格を持っているスーパー派遣社員です。

その主人公がいろんな難題の仕事を次々にこなしていくというドラマだった記憶があります。

もしかしたらこな人たちが生まれてくるかもしれません。

もしもいたらものすごく器用な人なんでしょうね。

一番働きやすいのは『社員+副業』

今後働き方改革や、終身雇用終了のお知らせが来た時に一番働きやすいのは

正社員+副業

でしょうね。

自分のしたい仕事をしながら副業で稼ぐ事ができれば、それが一番理想なのではないでしょうか。

フリーランスになるのはリスクがある

2018年はフリーランス元年と言えるくらいフリーランスに憧れる人が多かった気がします。

でもフリーランスにもリスクはありますし、スキルとマネタイズの方法が合ってないければ稼ぐことができません。

毎月安定して仕事をしながら、月収40くらいを出せる人であるならば可能かもしれませんが、どうじゃなかったらものすごく苦しい生活が待っています。

起業しても事業が安定する保証はない

フリーランスの他にも自分で事業を起こして社長になる人も多くいますね。

時代の波に乗ってSNS集客やSEO集客などがうまくいけばいいですが、それが安定するかは別の話。

仕事を作るのは素晴らしいことですし、それを応援したくなるのもわかります。

ですがそれにもやはりリスクはついてくるので、その覚悟がないのであれば辞めておいた方がいいでしょう。

雇われる時が一番安全だとも言えます。

今後の働き方は自分次第

私自身も以前は公務員として働いていて、そのまま終身雇用で定年を迎えるんだなと思っていました。

でも自分の本当にやりたい事を目指そうと思ったら、どうしても仕事を辞めなくてはならなかった。

そして実際に公務員という仕事を辞めました。

今はそれに対して後悔はないし、むしろ辞めていないと後悔していたと確信しています。

今後どう働いていくかはその人次第の時代が来そうですね。

今からでも自分にできる事を1つずつ増やして、くる波に備えておきましょう。

以上です!

ABOUT ME
さじ
さじ
田舎暮らしを愛して、生活を最小限にしたいミニマリスト。自分らしく生きていたい。趣味は自転車と羽球。今の目標はバイリンガル。『日本語×英語』