ガジェット

ワイマックスを契約する時にネットと店舗の違いについてまとめ

どうも、さじです。

今日実際にWiMAXを初めて契約してきました。

WiMAXをこれから契約したいけど、どうしたらいいか迷っている人に向けて、インターネット受付と店舗受付の違いについて今回はまとめました。

両方にメリットデメリットがあるので、自分に合った方法を選んで欲しいとお思います。

 

私個人の意見としては時期によってキャッシュバックなどのキャンペーンが違ってくるので、あんまりどちらも変わらないのではないかなというのが正直なところです。

WiMAXはどうやって契約するのがいい?

ワイマックスの契約方法は2種類あります。

一つはインターネット上での契約で、もう一つは家電量販店などのお店に行って直接店舗で契約する方法です。

どちららにもメリットとデメリットがあるので、自分にあった方を選択してもらえたらと思います。

インターネット上での契約

ネット契約のいいところは実際に店舗に行かなくてもいいし、物は後から自宅に送られてくるので自分から取りに行かなくていいところがあります。

さらにプロバイダによってはキャッシュバックが高額に設定されていたりして、年間の実質料金が安く設定されている場合が多いです。

 

その理由として

・実店舗を持たないので人件費などがあまりかからない

・在庫管理にしても配送なので、基本在庫しておく必要がない

など店舗を持つ側にはないメリットがあるので、費用を安く済ませることができます。

 

ただキャッシュバックも受け取り時期が1年後だったり、手続きを忘れてしまった場合にはお金を受け取れないこともあるので注意が必要です。

店舗で契約する場合

多くの家電量販店ではWiMAXのプロバイダが店舗を構えているので、いろんな他社の契約と比較しながらどこにするか決めることができます。

また店舗に在庫があれば契約した直後に初期設定をしてすぐにしよう開始することも出来るのメリットの一つですね。

だいたい30分もあれば初期設定も終わってしまうので、契約直後にすぐ使用開始したい人にとっては店舗がオススメです。

インターネットとの違いについてはキャッシュバックの金額が変わってきます。

本来キャッシュバックは現金での振込みになりますが、実店舗でのキャンペーンの場合にはポイントになることがあります。

その店舗があるお店のポイント(例:ヨドバシカメラならヨドバシカメラポイント)で還元されるんです。

WiMAXのメリット

WiMAXは場所の選ばないインターネットなので、自分の好きな時に好きなようにインターネットができるのが最大のメリットだと思います。

その他にも以下のようなメリットがあります。

  1. ・場所を選ばない(ある程度条件はあり)
  2. ・複数の機械を接続できる
  3. ・料金が安い(固定ネットワークに比べて)
  4. ・工事が不要

場所を選ばない

自宅以外の場所で仕事をする人にとってはかなり便利です。

ただ対応していない場所もあるので、それは本家のUQモバイルから対応している場所を検索して使用すれば問題ありません。

複数の機械を接続できる

スマホだけでなくタブレットやパソコンを使い人にとってはメリットが大きいです。

私も出先で文章を打ったり、オンラインで会議をしたりする場合にはワイファイの確保がどうしても難しい時がありました。

でもこれからはWiMAXを使っていつでもどこでもできるのでかなり安心しています。

工事が不要・料金が安い

自宅のインターネットなどは光回線を引いてなど工事などでお金がかかりますが、WiMAXは初期費用がほとんどかからないです。

本体にSIMを指して初期設定を終わらせればすぐに使用開始。料金も光回線に比べて安く設定されています。

WiMAXのデメリット

WiMAXはメリットが大きいですが、デメリットも大きいです。

インターネットが使えるようになるから便利!と思うかもしれませんが、契約時に注意しないといけないデメリットが以下のような点になります。

  1. ・契約は基本2年か3年
  2. ・更新月は1月しかない。(それ以外は違約金が発生)
  3. ・専用ルータを持ち運ばないといけない
  4. ・通信速度制限がある

契約期間が長い

まず基本契約期間が2年から3年になります。

この期間を使用すること前提に契約するので、もしも突中で解約した場合にはキャッシュバックがなくなったり、高額な違約金が発生します。

違約金が高い

WiMAXは2年または3年契約なので、1年目の違約金は高いとことで約2万5千円、安くても約1万5千円かかります。

更新月は1ヶ月しかない

2年契約の場合には2年経った次の月が更新月になります。

その月を逃してしまうとまた同じ期間契約継続になるので、解約する場合にはその期間を逃さないように注意が必要です。

専用ルータを持ち運ばないといけない

モバイルワイファイもWiMAXも専用の子機の持ち歩きが必要です。

WiMAXはルータを持ち歩かないといけないので、充電が必要だったり忘れた場合には外でワイファイが使えなくなるので注意が必要です。

通信速度制限がある

これが一番のデメリットになります。

よく『7Gを超えたら通信制限』『3日で10Gを超えたら通信制限』というのを聞いたことがあると思います。

WiMAXも通信は無制限と言っていますが、実際にはこの通信制限基準を超えてしまうと制限速度まで低下してかなり遅くなります。

自宅以外でインターネットをするならWiMAX

自宅以外でインターネットを使用する時はカフェに行くか作業スペースに行くか、無料ワイファイスポットに行くかしかありませんでした。

でもWiMAXを1台持っていればワイファイがないカフェでも、街中のフリースペースでも自分の好きな場所でインターネットをすることができるんです。

月額料金は3〜4千円かかりますが、一回カフェに入って飲み物と食べ物を頼んだら千円は軽くかかってきます。

それが頻繁にあれば簡単に月額利用料金を超えてしまうんです。

その分のお金を払うなら、好きな場所で好きにインターネットが使用できる機械を1台持つ方がお得に感じませんか?

もしも迷ったらWiMAXを持つことをオススメします。

以上です。

ABOUT ME
さじ
さじ
田舎暮らしを愛して、生活を最小限にしたいミニマリスト。自分らしく生きていたい。趣味は自転車と羽球。今の目標はバイリンガル。『日本語×英語』