ガジェット

マックの無線キーボードなら純正のMagic Keyboardがオススメ!

どうも、さじです。

自宅のマックで作業するときにどうしても前かがみになってしまって、猫背になってしまうのが悩みでした。

キーボードに手を伸ばさないといけない、前かがみになりながら作業しなくてはいけない環境での作業は肉体的にかなりつらい。

そのために私はトラックパッド2を買いました。

買ってから前のめりの姿勢はなくなり、猫背になることもありません。

本体のトラックバッドの上に手を置かなくて済むので、自分の好きな位置でキーを打つことができるから、作業効率も高くなり非常に体も楽になります

Magic Keyboard- 日本語(JIS) – シルバー

アップルが売っている純正の外付けキーボードです。

新しいマックなどに搭載されているバタフライキーボードとは違って、昔ながらのキーボードに近い感じがします。

バタフライキーボードに慣れている人はあまり打ち慣れないかもしれないですが、実際につ使ってみるとメリットとデメリットが結構別れてきます。

私自身は画面のみる高さや距離などの関係から、もう手放すことは難しくなりましたが、実際に使ってみてかなり使いやすい感じがします

Magic Keyboardのメリット・デメリット

Magic Keyboardのメリット・デメリットについても一つ一つ答えていきたいと思います。

自分的にはメリットが多く、デメリットが少ない感じがします。

Magic Keyboardのメリット

・充電が長持ちする

一回の充電で約1ヶ月近く充電が保てる為、頻繁な充電が必要ないので非常に楽です。

・ワイヤレスの遅延がない

通常のワイヤレスは本体にアダプタが必要ですが、Bluetooth搭載の為アダプタも必要なく遅延もほとんどありません。

・本体が軽くて持ち運びしやすい

本体自体が軽い為、実際に外出先にも持っていけて作業効率がアップします。

Magic Keyboardのデメリット

・キーストロークが浅くて売ってる感じが少ない

バタフライキーボードと違ってしっかりと打った感じがしないんですよね。

・キーボードのキーが小さく、打つ時に他のキーを打ってしまう。

本体の本体がフラットなのに加えて、キー自体の大きさも少し小さめの為に、指が太い人にとっては少し打ちづらい印象になります。

バタフライキーボードとどっちがいいか

バタフライキーボードの打ち方に慣れた人にとっては、いいストローク感はありませんが慣れてくると何の問題もありません。

Magic Keyboard自体に不満があるとしたら、バタフライキーボードくらいの大きさがあればもっと打ちやすかったかなという印象です。

 

それ以外に特に不満もないので、これは買って間違いのないものだと思います!

以上です!

ABOUT ME
さじ
さじ
田舎暮らしを愛して、生活を最小限にしたいミニマリスト。自分らしく生きていたい。趣味は自転車と羽球。今の目標はバイリンガル。『日本語×英語』