雑記

シンプル好きな私がミニマリストになろうと思ったキッカケ

どうも、さじです。

私は今ミニマリストとして生活をしています。

ミニマリストの人を多く見ていると

・もともと物が多く、その生活は嫌になった人

・時間の使い方に疑問を持ち、より良い生活の為になった人

・無駄なことが嫌いで、とにかく合理的に生きたい人

などなど、いろんな理由があります。

本当なりたい理由って人それぞれで面白いですよね。

 

私は

シンプル=ミニマリズム

と思っています。

 

シンプルな生活を目指して行ったら、必然的にミニマリスになるのかなと。

必要なモノだけでシンプルな生活を

私はもともとモノが多く持っていたいわけでもなく、物が少ない生活が好きなわけでもありません。

 

いかに生活をシンプルにできるかを考えて生活してきました。

 

生活をシンプルにするというと、モノがなければシンプルな生活なのでは?と考えた時もありました。

でも単純にモノがないのであれば極限まで自分の使うもの減らせばいいですよね。

 

・部屋にはパソコンと寝具だけ。

・洗濯はコインランドリーで。

・食事はその日に食べる分をその日に準備

 

そんな生活を考えた時もありましたけど、自分の生活は豊かになるのか?

と疑問に思ったんです。

 

私が考えるシンプルな暮らしは、自分がしないといけない事を出来るだけ少なくした暮らしです。

 

・毎日着ていく服の組み合わせを考えたり

・散らかった部屋を掃除したり

・日々増えるモノの整理整頓をしたり

 

自分にとって本当に必要なモノ以外に自分の時間を使わないようにするにはどうしたらいい考えていました。

そんな時にミニマリストの生き方を知ったんです。

海外生活で得たシンプルな暮らし術

ミニマリストの生き方を知ってから、しばらく経った時に私は海外留学に出ました。

もともと務めていたところで自分の生き方に疑問を持って、どうしたらいいか悩んでいた時に

 

『今自分の好きなことしなかったら、今後もできないんじゃないか?』

 

と考えたんです。

 

会社員として働くことは嫌いじゃなかったです。

でも、自分のしたいことをしないまま人生を送るは嫌で、本当に自分のしたいことをとことんやろうと決意して仕事を辞めて海外に出ました。

 

海外に行くとなった時に向こうでの生活をする上で必要なモノを考えた時に、極力シンプルな形を考えて準備しました。

 

1週間できる服は全てパターン化して、全ての荷物はキャリーケース1個に収まる形にしました。

 

最初は足りないかな?とか考えたんですが、結果的にそれだけで十分に生活もできたし、何より選ぶわずらわしさがなかったので非常に楽でした。

シンプルを突き詰めるとミニマリズム

本当にシンプルな生活を考えていくと行き着くのはミニマリズムなのかと思います。

 

実際自分が本当に必要とている物以外って眠っていることが多いんですよね。

・着ない服

・履かない靴

・読み終えた本たち

実際に身の回りには手放しても問題ない物で溢れている感じがします。

 

それらを気持ちと一緒に無くしてしまうことで、本当に自分に必要なモノがわかってくるのかなと。

 

モノが多いのは幸せかもしれないけれど、多すぎると生き辛い感じがします。

 

極力シンプルに。

必要最小限に。

そして豊かに。

 

物で豊かにならずに、自分自身で豊かになるのがいちばんの幸せかなと思います。

 

シンプルに。そしてミニマルに。

そんな生活を続けていこうと思います。

ABOUT ME
さじ
さじ
田舎暮らしを愛して、生活を最小限にしたいミニマリスト。自分らしく生きていたい。趣味は自転車と羽球。今の目標はバイリンガル。『日本語×英語』