英語

住民票はどうしたらいい?海外留学なら海外転出届けを出したほうがいい理由

どうも。

30歳から留学を経験したさじです。

社会人からの海外留学を考えた時に、かなりネックになるのが

  • 国民健康保険(社会保険)
  • 国民年金

ですよね。

留学中も支払い続けるのは厳しい。

そんな時に活用した方がいいのか『海外転出届』です。

メリット・デメリットについてもまとめていますので、よかったら参考にしてみてください。

海外転出届けとは何なのか

海外転出届とは、日本国から海外に出ていきますよという証明書になります。

これは各地方自治体で手続きが可能であり、最寄りの市役所に行って手続きをします。

海外転出届を出す事で、日本国にいないという事になり日本国籍が抜かれます。

そうすると国民健康保険と国民年金の支払い義務が無くなるんです。

住民票を抜く事で起こるデメリットは?

住民票を抜く事で起こるデメリットはいくつああります。

まず『国民健康保険』『国民年金』『住民票』に関係したお話をしていきたいと思います。

国民健康保険について

海外転出届けを出すと国民健康保険に関して支払い義務がなくなるので、海外に行ってる間に日本に一時帰国しても保険証が使えません。

通常は国民健康保険のおかげで3割負担で病院を受診することができますが、国民健康保険がなくなれば10割負担になります。

そう考えると恐ろしいですよね。

3000円で済む治療を受けようとすると10000円かかってしまうんですから。

なので一時帰国の時には病院受診などにならないように体調管理に気をつけた方がいいです。

国民年金について

国民年金も国民健康保険と同様で支払い義務がなくなります。

支払い義務がない場合には払う必要がないのですから、無理に支払う必要はありません。

しかし、支払っていない分将来の年金受給の際には受取額が減額されていきます。

なので、満額受給したい場合には任意継続をすればいいのですが、個人的にはあまりオススメしません。

なぜなら今後年金受給年齢の引き上げや支給額の減額が考えられるので、今の収入以外に自分のスキルをつけて、新しい収入源を見つけた方が良いと感じます。

住民票について

住民票が抜けることで起こるデメリットはアパートなどを借りれなくなるということです。

海外から帰ってきてアパートをすぐに借りようとしても、住民票がないと借りることができないので、その場合には実家か友人宅などを借りるなどが必要になります。

またはホテル生活なども考えないといけないので、長期で行く場合には十分な計画が必要です。

実家などがあればそこに住めば良いですが、そうでない場合には代替え案をしっかりと考えましょう。

海外転出届けの手続きはどこでする?

基本的に海外転出届けは各市町村で行うことができます。

各市町村の海外転出届けを出す場所があるので、そこに必要なものを持っていきます。

必要なものは

  1. 印鑑
  2. パスポート
  3. 身分証明証
  4. 海外転出届(市役所にある)

です。

転出届を出す際に

『どこの国にどのくらいいきますか?』と聞かれるので、自分の行く国と予定渡航期間を伝えます。

この時予定渡航期間は確実にいついつまでという必要はありません。

期間によっては海外転出届けを出す際に渋い顔をされることがあるからです。

 

しかし海外転出届けに関しても明確な期間は法律で決まっていません。

1年以上は必ず出してくださいね。と言われているだけなので、短期留学でも実際に提出は可能なんです。

帰ってきてからの手続きはどうするの?

日本に帰国した時には『転入届け』の提出が必要になります。

海外に行く場合には住民票を抜いているだけなので、海外から転入した場合には一般的な転入届けを提出するだけで問題ありません。

その際に気をつけて欲しいのが、パスポートを持参するということです。

海外から日本に入国した際にパスポートに印鑑を押して入国しますが、この印鑑が入国した証明になります。

近年はパスポートのやり方が変わって、印鑑を押さなくなっていることもあるそうです。

その際には航空券が証明書類として必要になるので、捨てないよう気をつけてください。

短期でも海外転出届けを出したほうがいい!

私は3ヶ月の短期留学でしたが、海外転出届けを出してからいきました。

その理由として退職してから国民健康保険に切り替えた際に保険料と年金額が高額になったというのが理由です。

(勤めている時は会社と折半。退職したら全額自分負担です。)

海外転出届けを出すことで、留学中はその費用の支払い義務が無くなる為、帰国後の生活でも多少の余裕を作ることができました。

短期留学だから出さなくてもいいかな?って考えている人がいたら、間違いなく出したほうがいいので手続きをすることをオススメします!

ここまで読んでいただきありがとうございました。