仕事

仕事を辞めた後の手続き方法!国民健康保険と社会保険の任意継続どっちがいい?

どうも、さじです。

会社を辞める時にネックになるのが保険の手続き。

社会保険を任意継続するか、国民健康保険に切り替えるか悩みますよね。

実際にどっちがお得なのか?という疑問があると思いますので、私の経験も踏まえて説明したいと思います。

実際にどちらがいいかは、その状況によって変わるのでこの記事が参考になれば幸いです。

こんな人に読んで欲しい
  • 今現在退職を考えている
  • 退職後の手続きがわからない
  • 保険の種類で悩んでる

保険料ってどのくらい払っているのか知っています?

実際に保険費用を自分がどのくらい払っているか把握していますか?

もしもしていないなら、しっかりと給与明細を確認して自分がどのくらい保険料を支払っているか確認をしてください。

ここをしっかり確認しないととても損をする事になります。

社会保険料は会社と折半なので自分の支払いは1/2

会社で働いてたら社会保険も年金も天引きされて手取りを貰いますが、実際には会社と折半になっているのはご存知ですよね?

実はこれ知らない人も多いんです。

会社勤めの人は基本的に会社と本人で半々支払う決まりがあるので、その為に本人負担はかなり軽くなっています。

国民健康保険は全額自分で支払わないといけない

国民健康保険は社会保険と違って会社が払ってくれるわけではないので、全額自分で支払わないといけません。

またこの金額は前年度の収入から決定されるので、前年度の収入をかなりもらっている状況で退職した場合には翌年とんでもない金額が請求されます。

国民健康保険と社会保険どっちがいい?

退職してからの保険の手続きですが、健康保険に切り替えた方がいいのか社会保険を任意継続した方がいいのかは以下の状況によって変わります。

社会保険を任意継続した方がいい場合

退職してから次の就職先にすぐに移る場合や、退職してから就職活動をする場合には社会保険を任意継続するのがオススメです。理由として

  • 出費を抑えれる(国民健康保険料金より安い)
  • 一人の保険費用で家族の保険もまかなえる

次の就職先が決まった場合にも同じ額の出費が続くので、固定費の変動が少なく家計の管理がしやすくなります。

国民健康保険に入った方がいい場合

社会保険を任意継続しない場合には国民健康保険への加入が必要です。

実際に国民健康保険に加入していれば

  • 病院費用は3割負担で受けられる
  • 留学する場合には、海外転出届を出せば支払い義務が無くなる

ということがあります。

特に長期留学をする時に親等の扶養に入れない場合には、健康保険の支払い義務が発生するので必要以上に出費が多くなってしまいます。

転職なら社会保険、留学なら国民健康保険がオススメ

退職した後に転職するなら社会保険の任意継続がオススメです。

費用を安く抑えつつ転職活動ができるので、無駄な出費を出すことがなくなります。

 

転職しないでフリーランスになる・留学をする場合などは国民健康保険への加入がオススメです。

特に長期留学をする場合には海外転出届を出すことで支払い義務が無くなるので、費用を抑える場合にはこちらの方がメリットが大きいと思います。

 

自分がどちらの方になるかをしっかりと考えて保険の手続きを行いましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。