雑記

『ついに新型コロナウイルスに感染した!』発症から回復までを振り返ってみました。

どうも、さじです。

ずっと罹らなかったコロナに、ついになってしまいました。

私だけならいいのですが、今回は奥さんからもらってしまったので家庭内感染になります。

コロナ日記ってどうなのかなって感じがしますが、誰かの役に立てばいいなと思って書いています。

コロナ陽性判明は全数把握変更日

私の陽性が判明したのが26日月曜日で、全国の一律でコロナ患者全数把握が終わった時でした。

そん時に陽性になったので、いろんなことがガラリと変わっておりびっくり。

手続きを何したらいい、市からの補助はどうしたらいいなど調べていたら、変更点ありまくりで焦りました。

もしもこれからかかった場合に調べる際には参考にしてください。
(もちろん調べることがないように祈ります。)

保険料の支払いは条件付きまたは中等症の方

保険が降りるということを聞いていたので、どうなのかなと調べたところ全ての患者への支給が終わっていました。

まず条件として以下のものが多く書かれています。

  • 入院した方
  • 65歳以上の方
  • 重症化リスクがあり、新型コロナ治療薬の投与または酸素が必要な方
  • 妊娠した方

これに該当しない場合には9月26日からの支給は無くなりました。

陽性の登録は病院ではなく自分で登録

保健所から言われのは、陽性登録は病院からの診断書または抗原検査やPCR検査の陽性を証明できるものを添付してくださいと。

また全数把握が終わったことで自分での登録に伴い保健所からも連絡がなく、サポートの物も自分達から申請しないといけなくなります。

少し作業が多くなってめんどくさいなと感じました。

コロナの発症後の経過はこんな感じ

コロナの症状は6日程度で全て安定化して、今は回復しています。

でも、そこまでには色々時間がかかりました。

実際に風邪と思っていたら「実はコロナでした」という感じだったので、内心は

『ついにきたかー!!』

という変なテンションと冷静な気持ちで複雑でした。

発症1日目 体のだるさが主症状

最初はコロナに罹っているとはわからず、ただの風邪だと思っていました。

仕事の途中で体のだるさが出て、そのまま早退。

その日は軽い症状のみで過ごしていました。

妻は絶賛症状が出ていたので、この時に2人とも発症していたのでしょうね。

発症2日目 微熱からのだるさ

2日目は体のだるさと37.0度を越えない微熱が続きます。

実際に体の状態はだるさと熱しかないので、風邪薬を飲めば治るだろうと考えていました。

実際に熱が出たら解熱剤を飲もうと思っていたのですが、頭も少し痛かったのでロキソニンを飲んだので、それで熱が下がっていたのかもしれません。

体のだるさがそこまでひどくないので大丈夫だろうとたかを括っていました。

発症3日目 ついに発熱、38.0度

3日目にしてついに発熱が起きました。

発熱してからは流石に辛いなと感じて、横になってひたすら休んでいましたが、まず回復しません。

食欲はあるけれども、体だけが辛い。

ただただ無駄な時間を過ごしていました。

発症4日目 PCR検査で陽性判明

4日目にPCR検査を受けて、陽性が判明しました。

先に妻が同じ症状で倒れていたので、妻からもらったと考えて妻もみなし陽性。

ここで8度台の熱から一気に6度台に解熱をします。

実際に熱が下がると同時に体も楽になり、他の症状もすぐに治っていきました。

発症5日目 ほとんどの症状が消失して回復

5日目はほとんどの症状がなくなりました。

発熱もすっかり解熱して、さらに体のだるさ、鼻水、喉の痛み(今回ほとんどなし)も何もない。

本当にただの風邪のように感じてしまうくらいあっさりと治った感じです。

発症6日目 味覚が戻ってきてなんとか安心

一応味覚が戻ってきました。

1日1日を過ぎるごとに症状が良くなって、自分としても助かっていましたが、ここまで回復が早いかとびっくりしました。

いろんなサイト見て後遺症の味覚障害は二週間程度かかると書いてあったので、自分自身の回復速度にびっくりです。

コロナの後遺症はしっかりと残っている

症状も何もなくなり、ほとんど治ったかなと感じましたが、後遺症だけは残った感じです。

ワクチンを打っていたので、重症化はしなかったものの後遺症だけは残ってしまったかと感じています。

後遺症① 倦怠感と頭痛

体にずっとおもりがついたように動けなくなりました。

少しだけ動いたら、すぐに体力が切れてしまう感じです。

実際にここまで辛いかと感じましたが、いろんな人の後遺症を見たらかなりひどいみたいですね。

体力が落ちたから辛いんだと言えるほどのものでなく、家事を少ししただけで立っていられなくなるくらい体力がないんです。

後遺症② 少し動いただけでの疲労感

何かをしようとして体を動かすと、ほんと少ししかしていないのにすぐに疲れてしまいます。

これでもかってくらいに体が悲鳴を上げてくるので、少し動いては休んで、少し動いては休んでを繰り返してとても辛いです。

これも治るまでに時間がかかりそうなので、しっかり待つしかない感じがします。

コロナは罹ったら辛いから、かからないほうがいい

結論としては、コロナに罹らないことに越したことはないです。

ワクチンを打っているから重症化しにくいだろうと思っていましたが、軽症でも十分辛いですし後遺症が辛いです。

この後遺症と辛さを味わうくらいなら、最初からかからないように感染対策をして、しっかり予防することが本当に大事だなと思いました。

今は屋外や屋内でも感染対策が緩んできていますが、これからも感染しないように気をつけたほうがいいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

これを読んでくれているあなたが、コロナにかからないこと、かかっていていも軽症であることを心から祈っています。