ガジェット

デスクライトにおすすめなBenQのスクリーンバー3種類

さじのデスク

どうも、さじです。

デスクライトって結構悩みますよね。

モニターの上に置くのが主流になっていますが、価格は高いしどのランクを選んだらいいか悩むし。

私も購入するまでいろんなものを見て悩みました。

その中でこれだけを選んでおけば間違いないというのがBenQのスクリーンバーでした。

その理由も併せて説明できたらと思います。

ベンキューのスクリーンバーシリーズ

ベンキューには主に3種類のスクリーンバーがあります。

私の使用しているのはその中でも真ん中に位置する、スクリーンバープラスです。

どれも価格は1万円以上して高価なものになりますが、スクリーンバーに迷ったらこれらのどれかを買っておけば問題ないと思います。

BenQ Screen Bar

モニターライトの代名詞とも言われているスクリーンバー。

BenQのスクリーンバーといえばこれを思い受けべる人が多いと思います。

本体のみをモニター上に載せるタイプで、光の調整はモニター上の光センサーで自動調光されます。

自分でも明るさ調整ができて、本体上面に操作用パネルがありタッチして調整可能。

電源供給はUSBによって供給され、電池交換などは不要です。

BenQ Screen Bar Plus

スクリーンバープラスの上位互換で調光用のハンドルがついてるのが特徴です。

スクリーンバープラスは私も使用していますが、これを買っておけば間違い無いと言わせてくれるものです。

モニター本体上面に載せるのはスクリーンバーと変わりませんが、調光は手元の操作ダイアルで行います。

周りの光を感知して調整してくれる自動調整と、自分自身で光の温度感や強さの調整も可能。

電源供給はスクリーンバーと同じUSB給電なので、電池交換などが不要なので管理は楽です。

BenQ Screen Bar Halo

スクリーンバープラスのコントローラーが無線タイプになったものです。

コントローラー部分の電源は電池で、交換が必要です。

電池交換がめんどくさいなと感じて私は有線タイプを選びました。

調光などのためにコントローラーに触れると本体が光るので、かなりオシャレな感じに見えます。

インテリアなどにこだわっている人にとってはいいかもしれません。

そうではなく実用性重視ならスクリーンバープラスがおすすめです。

買うのに迷ったらスクリーンバープラスがいい

おすすめはスクリーンバープラスです。

モニター本体の上に置いてUSBの電源供給さえ確保すれば良し。

コントローラーは有線なので電池交換の必要もありません。

自動調光で簡単に光の強さを決めたら、あとは自分で自由に調整するだけです。

パソコン作業や読書、スマホを触る時にも非常にいいライトになってくれます。