ガジェット

「机の上に置くインテリア」FLYTEがめちゃくちゃかっこいい

FLYTE

どうも、さじです。

今回紹介するのは海外のインスタグラマー使っているデスクに置くインテリアライト

『FLYTE』

についてです。

FLYTE

FLYTE

実際にライトとして使用するというよりは、部屋のインテリアとして映えるアイテムになります。

インスタグラムでよく見ていて、これ欲しいなぁ〜でもどこのものなんだろうと思って探していたんです。

スウェーデン発祥『FLYTE』

FLYTEはスウェーデンにある『Flyte,Inc.』が手がけるヴィンテージテイストのアイテムになります。

2016年にTIME誌の最優秀発明賞を受賞し、翌年2017年にLITアワード証明製品デザインで受賞した作品です。

FLYTE

FLYTE

本体は専用の台に乗って、無接点で電力が供給されます。

スイッチはなく本体の台を指でタッチすると、電源のON・OFFをする事ができます。

実際に動画を見た方がこの製品の魅力がすごくわかると思います。

この動画を見た時にとても感動して、本当に心の底から欲しくなりました。

ライトの形は4種類

フライトの形は全部で4種類あります。

それぞれのライトの形があるテーマに沿って作られているので、自分に合ったテーマを探すのもいいかもしれません。

Nikola

歴史的にも有名なニコラ・テスラの名前がつけられたライト。

ニコラ

FLYTE

本体のライトの形状は至ってシンプルな白熱電球を思わせてくれるようなデザイン。

実際に光った感じはどこか懐かしく、そして優しい光を出してくれます。

土台の部分はウォールナット材で、部屋のインテリアがウォールナットが主体の人に合いますね。

Buckminster

アメリカの発明かバックミンスター・フラーに因んで名付けられたライトです。

バックミンスター

FLYTE

ウォールナットの台に、本体のライトはLEDによるシンプルなデザイン。

ライト本体はピンクゴールドのような色をしており、女性に好まれるようなテイストです。

LEDは星形フィラメントで、光った時に見られる光は非常に綺麗です。

Manhattan

ニューヨークのマンハッタンを元にしたデザイン。

マンハッタン

FLYTE

前の二つと同じウォールナットの土台に、シルバーの本体が目立つデザイン。

部屋のテイストがモノクロなど、あまりカラーを入れない部屋にいいかもしれません。

ライトはバックミンスターと同じ星形LEDが使われています。

Rpyal

フライトオリジナルのデザイン。本当にこれがカッコいい。

ローヤル

FLYTE

ローヤルはシリーズの中で唯一オーク材の土台になります。

ライトはバックミンスターとマンハッタンと同じエジソンスタイル。

本体の下の部分はゴールドで、他のものよりもゴージャスな感じを出してくれます。

高いけどインテリアとしては最高

本体価格は279ドル65セント。日本円で41381円です。※2022年10月31日計算

まず高い。めちゃくちゃ高い。

でも、本当に欲しいと思わせてくれるくらいかっこいいんです。

もしも円高だった場合には、ここから1万円以上は値引きされますので、それまで待つのが得策かもしれません。

私は円高の1ドル99円くらいになるまでは待とうかと考え中です。

我慢できなかったら、その時はまたブログで紹介しますね。